COVER

日本各地のジャズ・フェスティバル

HISTORY1
HISTORY2

1975

                    

1976

ライブ・アンダー

1977

1

1978

2

1979

3

1980

4

本牧

1981

5

1

マダラオ

神戸

1982

(休止)

2

1

1

1983

6

3

2

2

1984

7

4

3

3

1985

8

5

4

4

マウント・フジ

富士通・コンコード

1986

9

6

5

5

1

1

1987

10

7

6

6

2

2

1988

11

8

7

7

3

3

1989

12

9

8

8

4

4

1990

13

10

9

9

5

5

1991

14

11

10

10

6

6

1992

15

12

11

11

7

7

1993

            

13

12

12

8

8

1994

14

13

13

9

9

1995

15

(休止)

14

10

10

1996

16

15

11

11

1997

17

16

(休止)

12

1998

18

14

17

13

1999

19

15

18

14

2000

20

16

19

15

2001

21

17

20

16

2002

22

18

21

12

17

2003

23

19

22

13

18

2004

24

 

23

14

19

2005

25

 

24

20

2006

26

ふるさとジャズ

25

21

2007

27

1

26

22

2008

28

2

27

23

2009

29

3

28

1.マウント富士M.F.

24

2010

(休止)

4

29

 

25

2011

 

30

5

30

 

26

2012

 

(休止)

6

31

 

27

2013

   

7

32

 

28

2014

   

8

33

 

コンコード1

2015

   

9

34

   

2016

   

10

35

   

2017

           

2018

           

2019

           

2020

           

2021

           

2022

           

2023

           

2024

           

2025

           

田園調布

横浜

斑尾

神戸

山中湖

全国各地

 

◆本牧ジャズ

1.横浜発の音楽文化を発信
横浜は元来より外国との交流が深くジャズが似合う町としても知られています。 横浜らしい特色をもったイベントで横浜の魅力を高めたいという理想を掲げ 実施しています。

2.市民の手作りイベント
参加している実行委員のメンバーは全員がさまざまな職業をもった ボランティアです。企画立案から、当日の運営までの全てをこの ボランティアスタッフが行っています。 当日来ていただくお客様としてももちろん大歓迎ですが、 ボランティアとして本牧ジャズ祭運営に参加してくださる方も 大歓迎いたします!

3.野外音楽イベント
会場は横浜三溪園の隣。山をバックにした本牧市民公園運動場です。 絶好のロケーションで、ビール片手に生の音楽。 野外ならではの自由で開放的な雰囲気は 「横浜の夏の風物詩」として市民の皆さんから支持されています。 (※) 

◇2006年に本牧ジャズに行った。毎年のように日本を代表するミュージシャンが登場する中、中路英明が率いるラテンバンド・オバタラに注目。言うまでもなく中路英明は青木タイセイと双極をなす熱帯ジャズのTb奏者。陽気なラテン・ジャズを太陽の下、たくさん浴びる事ができた。ラテン・バンドのダイナミックな演奏はCD音源では伝えきれないので野外での演奏が面白い。
2007年は小沼ようすけがトリオで出演。noonとのデュオでもギターを弾いた。2011年に復活し30回目の開催となったが、以降休止が継続。日本で一歴番史を持つ市民の手作りイベントとしてのジャズ・フェスティバルなので再開が望まれます。

◆神戸ジャズ・ストリート
2015年で34回目の開催、ストリート・ジャズの元祖で10月上旬に開催される。現存している最古の日本のジャズ・フェスティバル。横浜も含め港町には伝統あるフェスティバルが多く存在する。

 

◆富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン

1986年に始まった『富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン』は、今や日本のジャズ界では古い伝統のイベントである。『コンコード・ジャズ・フェスティバル』は、もともとカリフォルニア州コンコード市でスタートした。生みの親であるコンコード・レコードの故カール・E・ジェファーソン社長のポリシーだった「楽しくスイングするエンターテインメント性溢れるメインストリーム・ジャズ」を中心に据えている。男性も女性も、そして若者から熟年まで、幅広いファンに支持されている所以である。(※)

富士通コンコード・ジャズはスポンサー都合で2013年で終了。2014年は「CONCORD JAZZ FESTIVAL IN JAPAN2014」として、山口県阿武郡阿武町で単独開催。

 

◆マウントフジ・ミュージックフェスティバル
かつてのマウントフジを彷彿させる音楽フェスティバルが2009年夏に山中湖に誕生、山中湖交流プラザでの開催。残念ながら、1回開催に留まっている。

 

◆ふるさとジャズ

「斑尾ジャズ・ふるさとのジャズ交流祭 in 斑尾」は、約30年前この地で起こり、2003年を最後に休止していた「ニューポートジャズフェスティバルin 斑尾」 という野外音楽祭の先駆けをなしたパフォーマンスを、参加と交流をテーマとする祭りとして継承し地域文化にしていこうと、多くの地元の人たちと全国のジャズファンが ボランタリズムと手作りをベースに協働で作り上げたものです。(※)   2016年は10回目の開催となります。 

 

COVER

日本各地のジャズ・フェスティバル

(※)は各オフィシャルサイトより引用

 

 

 

 

2010年ふるさとジャズ

photo:TK